記事一覧

2021新作 モーリス・ラクロア「アイコン オートマティック クロノグラフ スプリント」


モーリス・ラクロアが「アイコン オートマティック クロノグラフ スプリント」を発表しました。


小さな1秒が大きな意味を持つ時
 モーリス・ラクロアは、2016年に最初のアイコンモデルを発表した際、このモデルがこれほどまでに成功を収めることになろうとは想像していませんでした。このモデルを成功に導いたのは、印象の強いデザインとその高い知覚価値でした。そしてプレスや一般の人々による評判に後押しされて、スイス時計ブランドのモーリス・ラクロアは、その後も豊かな想像力を決して抑えることなく、アイコンの新しいバージョンを次々に生み出してきました。

 現在、アイコンコレクションは、カラー、複雑機構、サイズにさまざまなバリエーションを誇ります。「アイコン オートマティック クロノグラフ スプリント」には、カラーとテクスチャーにこだわって既存のモデルとは異なる外観が備えられました。しかし、同時にこの新しいモデルには、ベゼルの6本のアーム、ストラップのMロゴは健在で、アイコンの都会的なスタイルも変わることはありません。この新モデルは着けるだけで、新鮮でスポーティ、それでいてアイコンのアイデンティティは受け継がれています。そして今回初めてアイコンは44㎜ステンレスケースにマットブラックのDLCコーティングを施しました。リシャールミル 時計このコーティングは、優れた耐摩耗性と耐薬品性を備えています。一方、ベゼルに配された6本のアームには、輝きのあるガンメタル仕上げがあしらわれています。異なる色や質感を組み合わせることで「アイコン オー トマティック クロノグラフ スプリント」は優美な外観を実現しています。ガンメタルグレーカラーの文字盤の表面にはブラッシュ仕上げが施され、スクエアパターンのエンボス加工が施されています。ファセット加工された時針および分針にはホワイトのスーパールミノバが塗布され、薄暗い場所でも抜群の視認性を発揮します。これらの針は、同様にスーパールミノバが施されたガンメタルグレーのインデックスと調和しています。6時と12時の位置には、オパーリンとスネイルの仕上げを組み合わせたブラックのカウンターが配置されています。爽やかな色のタッチが添えられた文字盤では、9時位置のスモールセコンドによる秒表示が薄いシェイドのブルーに際立ちます。スネイル加工の細工を加えることで、サブダイヤルはメタリックな印象を与え、光が当たるだけですぐに輝きを放ちます。最後に、中央のクロノグラフ用秒針にはブルーカラーがあしらわれ、文字盤全体の外観にいきいきとした雰囲気を添えています。



「アイコン オートマティック クロノグラフ スプリント」は、定評ある人間工学に基づいたデザインを採用し、快適な装着感を実現しています。ライトブルーのストラップには、アイコン初のFKMラバーが採用されています。このラバーは、通常のラバーよりも柔軟性に優れており、着け心地はとても快適です。さらにFKMラバーは、摩擦に強く、色落ちしにくい素材でもあります。このストラップには、ブランドを象徴するMロゴがあしらわれ、サンドブラッシュ仕上げのブラックDLC(ダイヤモンドライクカーボン)ピンバックルが装備されています。また、スイスの時計製造の伝統を守り、ムーブメントにはサーキュラーグレイン加工が、ブリッジやローターには縦方向のコート・ド・ジュネーブ装飾があしらわれています。

「アイコン オートマティック クロノグラフ スプリント」は、重要なイベントでタイムを記録することが可能です。短距離走に参加するランナーが記録を伸ばし、目標としていたゴールに近づける役割を果たします。「アイコ ン オートマティック クロノグラフ スプリント」は、本来の安心感は守りながら、フレッシュに生まれ変わったモデルです。

【おすすめの関連記事】:http://natuko.top

コメント一覧