記事一覧

A.ランゲ&ゾーネW&W新作「トリプルスプリット」~その機能&用途と構造美

A.ランゲ&ゾーネについては、W&W開幕前の新作予想記事に始まり、新作発表後からは、
1)A.ランゲ&ゾーネ2021年新作速報 
2)「ランゲ1・パーペチュアルカレンダー」実機画像&技術解説 
3)A.ランゲ&ゾーネ 2021新作発表会レポート+リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ・インプレッション  
4)アントニー・デ・ハス開発部長インタビュー、ランゲ1・パーペチュアル・カレンダーについて 

と、ご紹介してきたが、ふと、新作のうち「トリプルスプリット」にあまり触れていないことに気づく。
昨年のツァイトヴェルク・ミニッツ・リピーターでも採用されていた高級感のある深いブルーの文字盤になったとはいえ、機械自体は2018年のオリジナルと同じもので、限定100本。もしかしたら今後は、ランゲのハイエンド精密計測ピースがこの限定青文字盤を継承していく方向性なのかもしれない。


しかし、このモデルにおいて、時計愛好家ならば誰しもが認める素晴らしい点がある。
それが裏側の構造美だ。


なのでここでは、バックショットをメインとする実機画像と、なかなか身近な使用用途がみつからない機能説明を記したプレスリリースを併せてお届けすることにする。


【関連記事】:https://vercopy.cocolog-nifty.com/blog/

コメント一覧