記事一覧

ボーム&メルシエ【2021 新作】大きく刷新された「リビエラ」コレクション

ボーム&メルシエは2021年、スポーティなデザインを持つ「リビエラ」コレクションを復活させた。直径42mmと36mmのケースが用意されており、自社製キャリバー「ボーマティック」を搭載したモデルに加えて自動巻きのSW-200、レディスモデルにはクォーツムーブメントを搭載している。カラーバリエーションも豊富だ。



生まれ変わったリビエラ
 ボーム&メルシエが2021年の新作として発表した「リビエラ」コレクションは、オリジナルモデルが1973年に誕生したシリーズだ。ステンレススティール製のケースと、シームレスにつながるブレスレットを持つスポーティーなデザインは、発売以来同社のアイコン的存在となり、今日まで50年近くの歳月を重ねてきた。

 今回の発表で5世代目となったこのコレクションは、より現代的な要素を加えて刷新された。スーパーコピーメンズ・レディスモデル、それぞれ42mm・36mmのケースサイズが用意され、4本のビスで留められた12角形のベゼルや、ケースと一体になったインターチェンジャブルシステムを採用するしなやかなブレスレットを備えている。オリジナルのデザインを忠実に継承しながら、時代のトレンドに沿う複数のバリエーションが用意された。

自社製キャリバー搭載のフラッグシップモデル
 今回、リビエラコレクションに初めて自社製キャリバー「ボーマティック」を搭載したモデルが登場した。2018年に発表されたクリフトンに搭載されてデビューしたこのムーブメントは、約120日間のパワーリザーブを備えており、シリコンでつくられた脱進機周りのパーツを採用することで高精度を実現。日常的な磁場に耐える1500ガウスの耐磁性を備え、メンテナンス時期は5年に一度を推奨している。



ボーム&メルシエ「リビエラ」
自動巻き(Cal.Baumatic BM13-1975A)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約120時間。SS(直径42mm、厚さ10.66mm)。100m防水。左:41万8000円(税込み)、右:45万6500円(税込み)。
 この優れたキャリバーを表からも鑑賞できるように、本作のダイアルは半透明になっているのが特徴。透き通った美しい海のようなブルーのダイアルと、シックなスモークブラックのダイアルは、高い硬度を誇るサファイアクリスタル製だ。

オリジナルに忠実なベースモデル
 ボーマティック搭載モデルと比較して手が届きやすいベーシックなモデルもラインナップされた。デイトナ スーパー コピー本作では汎用の自動巻きキャリバーSW-200を搭載しており、パワーリザーブは上位モデルに劣るが、スイスメイドの信頼された設計を持つ。



ボーム&メルシエ「リビエラ」
自動巻き(Cal.SW200)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径42mm、厚さ10.66mm)。100m防水。左:30万8000円(税込み)、右:29万7000円(税込み)。
「水と石の衝突」をイメージしたという独特のパターンが施されたダイアルには、ブルー、シルバー、ブラックの3種類が用意されている。オーデマピゲ 時計修理ブルーダイアルのモデルには同色のラバーストラップが合わせられており、軽快な印象だ。

フレデリック・コンスタントが時計ユーザーや業界で評価されている理由

なぜフレデリック・コンスタントが時計ユーザーはもちろん、時計業界からも高い評価を獲得しているのか。その理由をご紹介いたします。

理由①一貫した理念「手の届くラグジュアリー」

繰り返しになりますが、フレデリック・コンスタントは創業以来、一貫して「手の届くラグジュアリー(アクセシブル・ラグジュアリー)」を理念としてきました。フレデリックコンスタントは一般的なサラリーマンでも手にすることができる「リーズナブルな価格帯」にこだわっており、手が届かないブランドとなることを良しとしません。

そのため、大半のモデルが20万円前後~30万円台で購入できます。

もっとも、ただ安いだけなら比較的実現が容易です。

フレデリック・コンスタントのコンセプトはあくまで「ラグジュアリー」。そのため高度なマニュファクチュールを強みに、スイス伝統工法に則りつつも、簡略化できる工程は簡略化し、また機械化に頼れる部分は頼る。オーデマピゲ 時計ケースそうして上質な製品を提供し続けてきました。

華美な装飾を施さないクラシカルなデザインを基調としているところも、フレデリック・コンスタントがラグジュアリーに重点を置いている所以でしょう。

こういった背景から、お値段以上の満足感をユーザーに与えてくれるとあって、フレデリック・コンスタントは高い評価を得ているのです。

理由②多彩なバリエーション

フレデリック・コンスタントの基本コンセプトは「手の届くラグジュアリー」ですが、その中でも多彩な選択肢が用意されています。

詳細は次項で解説いたしますが、自社製ムーブメントを搭載したハイエンドの「マニュファクチュール」から基幹コレクションの「スリムライン」,そして近年のトレンドになっているスポーツライン「ハイライフ」と様々。

その中でも素材やデザイン,機構にバリエーションがあるため、好みやライフスタイル,ご予算からご自身に合ったものをチョイスする楽しみがあるでしょう。

レディースコレクションも豊富ですので、プレゼントやペアウォッチとしてもお勧めです。

理由③革新を止めない姿勢とオシレーター開発

繰り返しになりますが、フレデリック・コンスタントの真髄は高度な時計製造技術です。

優れた生産ラインのもと、ハイメゾンではなかなか真似できない価格帯の機械式時計を提供し続けてきた、屈指の名門と言っていいでしょう。

この名門は、2021年4月、伝統的機械式時計の構造に対してイノベーションを起こす新機構を新たに発表しました。それが、オシレーター「モノリシック構造」です。


オシレーターは一般的には、発振回路を指すことが多いです。しかしながら時計業界では2018年、ゼニスがこれを搭載した機械式時計を発明したことから、革新的な調速機構をしてこのように呼ばれています(もっともゼニスの他、ユリスナルダン等でも開発されています)。

ではオシレーターがどのようなものかと言うと、調速機を構成するパーツを、シリコンコンポーネントで一体成型したもの。オシレーター一枚でテンプやヒゲゼンマイを含む調速機構の役割を果たしていることが特徴となります。
シリコン製ということもあり、従来のスイスレバー式で長年の課題であった姿勢差誤差や脱進機誤差、温度係数(温度変化に伴う感度への影響)を克服しました。

さらにゼニスが開発したオシレーターの特筆すべき点は、15ヘルツという周波数で振動すること。驚異的な振動は通常の3倍高く、毎時10万8000振動とのこと!すなわち、これまでの機械式度駅ではあり得なかったハイビートを実現しているため超高精度な一方で、シリコン製ゆえに耐摩耗性を克服しているという、まさにイノベーション的な新機構なのです。

フレデリック・コンスタントではこのオシレーターを、40ヘルツ(288,000振動/時!)の周波数のもと、振動させることに成功しました。前述の通り新しい機構ではありませんが、「モノリシック構造」としてこの超絶ハイビートを実現するため、新設計が施されています。

さらに驚くべきことは、パワーリザーブ80時間を確保していること。通常ハイビートとロングパワーリザーブを両立するのは大変な技術を要します。いかに約3日間の持続力をフレデリック・コンスタントがモノリシック構造に搭載させることが難しかったか、おわかり頂けるでしょう。

アウトドアシーンにも映える! 最高峰ブランドのアクティブな腕時計

アウトドアシーンにふさわしい腕時計。それはカジュアルなアクティブウォッチとは限らない。

誰もが憧れる最高峰ブランドの堅牢かつ勇猛な腕時計は、山や海によく合うのだ。

モダンさと武骨さが絡み合う、男のためのギア

腕時計 世界限定250本。チタンケース、44mm径、自動巻き。147万円/ゼニス 03-3575-5861、ベスト8万1000円/ポール&シャーク(トレメッツォ 03-5464-1158)、Tシャツ9000円、パンツ3万2000円/ともにポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)
ZENITH
ゼニス/デファイ エル・プリメロ21 ランドローバー エディション
時計界でも一目置かれる名門のクロノグラフメーカーであるゼニス。1秒で一周するクロノグラフ針が1/100秒を計測するエル・プリメロ9004キャリバーを搭載し、ツウの心をくすぐる。


その一方、堅牢性と軽量性を併せ持つチタン素材にマイクロブラスト加工を施してマットなグレーに仕立て、武骨な男のギアとしても完成度を高める。ランドローバー・ディフェンダーにトリビュートした限定モデルらしい仕上がりだ。

緩急の切り替えに素早く対応。スポーティに楽しむなら……


腕時25万8500円/フレデリック・コンスタント 0570-03-1988、シャツ1万8700円/スティル バイ ハンド(スタイルデパートメント 03-5784-5430)、Tシャツ4950円/アップサイクル(メイデン・カンパニー 03-5410-9777)、パンツ2万7280円/バーンストーマー(ヘムト PR 03-6721-0882)
翻って、休日はもっとアクティブに過ごしたい。そういった“緩急”を自在に実現する秘密が、この時計にはある。



ストラップ裏側のレバーを押すだけで簡単に取り外せる、利便性の高さがうれしい。
ストラップを気軽に付け替えできるインターチェンジャブルシステムを採用し、SSブレスレットから付属のラバーストラップに簡単に変更することが可能なのだ。


ラバーストラップの表面にはエンボス調の凹凸をあしらい、よりスポーティな印象に。
汗に強く腕からズレにくい素材は、運動量の多寡を問わず夏場に活躍必至。発色の良いブルーがダイヤルのネイビーとリンクし、フレッシュなビジュアルにも大きく貢献する。


よりシックなコントラストを描く、ブラック&シルバーのダイヤルパターンもスタンバイ。
インナーの挿し色と同じ発想でコーディネイトに組み込んでみても調子が良さそうだ。


【関連記事】​​​​​​​: 【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ