記事一覧

ヴァシュロン・コンスタンタン 「ヒストリーク・アメリカン 1921」の100年を記念し、シグネチャー デザインを称えた3モデルを発表

クッション型ケース、斜めに傾いたダイヤル表示、ケースの1時と2時の間に配されたリュウズをもった「ヒストリーク・アメリカン 1921」は、ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史におけるアイコニックなモデルの一つです。主にアメリカ市場向けに1919年と1921年にごく限られた数が製作されたこの歴史的でアバンギャルドな時計には、狂騒の1920年代を特徴づける大胆さと自由奔放な創造性が体現されています。
ヴァシュロン・コンスタンタンは、この歴史的な時計の伝説的なデザインの100周年を記念するために、新たなアレンジを施し、ヴィンテージウォッチコレクターや時計愛好家に向けた3つの新しいバリエーションを発表します。



クッション型ケースや異例の斜め表示とオフセンターのリュウズ、65時間のパワーリザーブが備わる自社製の手巻きムーブメント、キャリバー4400 ASを搭載する新作のうち、ホワイトゴールドによる40㎜と36.5mmの2つのモデルは、イタリアの革製品セラピアン社が製作したパティーヌ加工のカーフレザーストラップが組み合わされています。そしてもう一つは、100本限定モデル、個別シリアルナンバー入りのコレクション・エクセレンス・プラチナです。


ヴァシュロン・コンスタンタンは、狂騒の時代の渦巻くパワーをとらえて、主にアメリカ市場に向けてアバンギャルドなデザインの時計を創作しました。ジラール・ペルゴメゾンは、時計コレクターやオートオルロジュリーに精通した人々から特に高い評価を受けるこの時計の100周年を記念して、1921年のモデルに新たなアレンジを加えた3つの時計を発表します。

伝説の時計を受け継ぐ最新作は、ヴァシュロン・コンスタンタンの先見の明にあふれた大胆なビジョンに敬意を表します。Watches & Wonders 2021で発表されるこれらの新しいモデルは、メゾンが掲げる「Classic with a Twist(伝統的でありながら遊び心がある)」と題した2021年のテーマの一翼を担い、伝統を称え、大胆で予想をはるかに上回る時計を発表するメゾンの一貫した姿勢は、ヴァシュロン・コンスタンタンの創作エネルギーを浮き彫りにします。

風変りで独創的な外観ながらも、エレガントでクラシカルな個性が際立「アメリカン 1921」。
ヴァシュロン・コンスタンタンの創造性を象徴的に表現するシンボルで、およそ1世紀前に誕生した「アメリカン 1921」は、マニュファクチュールの歴史遺産の中で時代を画す最も傑出した時計の一つです。
ヴァシュロン・コンスタンタンは、ヴィンテージウォッチのコレクターや時計愛好家に向けて、3つの新作によってこの時計のアバンギャルドな精神を称えます。クッション型ケース、斜めに傾いたダイヤル表示、ケース右の1時と2時の間に配されたリュウズにはどれもビジュアル表現にひとひねりがあり、そのオフセットのデザインとタイムレスな持ち味によって魅力をアピールする、一つの美的デザインを確立しています。

100周年を記念して発表される「アメリカン 1921」は、自社製の手巻きムーブメント、キャリバー4400 ASが搭載されています。サファイアクリスタルのシースルースバックを通じて姿を見渡せる直径28.5mmのムーブメントは、通常位置からはオフセットされ、堂々とした香箱により約65時間(3日間)のパワーリザーブを実現します。

【関連記事】:https://vercopy.pixnet.net/blog

A.ランゲ&ゾーネW&W新作「トリプルスプリット」~その機能&用途と構造美

A.ランゲ&ゾーネについては、W&W開幕前の新作予想記事に始まり、新作発表後からは、
1)A.ランゲ&ゾーネ2021年新作速報 
2)「ランゲ1・パーペチュアルカレンダー」実機画像&技術解説 
3)A.ランゲ&ゾーネ 2021新作発表会レポート+リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ・インプレッション  
4)アントニー・デ・ハス開発部長インタビュー、ランゲ1・パーペチュアル・カレンダーについて 

と、ご紹介してきたが、ふと、新作のうち「トリプルスプリット」にあまり触れていないことに気づく。
昨年のツァイトヴェルク・ミニッツ・リピーターでも採用されていた高級感のある深いブルーの文字盤になったとはいえ、機械自体は2018年のオリジナルと同じもので、限定100本。もしかしたら今後は、ランゲのハイエンド精密計測ピースがこの限定青文字盤を継承していく方向性なのかもしれない。


しかし、このモデルにおいて、時計愛好家ならば誰しもが認める素晴らしい点がある。
それが裏側の構造美だ。


なのでここでは、バックショットをメインとする実機画像と、なかなか身近な使用用途がみつからない機能説明を記したプレスリリースを併せてお届けすることにする。


【関連記事】:https://vercopy.cocolog-nifty.com/blog/

ジラール・ペルゴとアストンマーティンとのパートナーシップから、初の作品 「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン アストンマーティン エディション」が誕生

「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン - アストンマーティン エディション」を発表

ジラール・ペルゴとアストンマーティンの間で最近発表されたパートナーシップから、初めての時計が生まれ、公開されました。「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン アストンマーティン エディション」です。スーパーコピー時計ここには、ジラール・ペルゴの時計製造に関する知見と、アストンマーティ ンのラグジュアリーとパフォーマンスに関する独自の知識が融合されています。



どちらのブランドも、洗練されたクラフトマンシップへの情熱を示しており、共同作業を通じて、デザイン、素材、テクノロジーの理解を共有してきました。この最新モデルは、19世紀以来羨望の的となってきたスリー・ブリッジの懐中時計に対し、ストラップなどの細かいディテールにいたるまで、明確に現代的な形でオマージュを捧げています。ストラップはブラック カーフレザーで、世界で初めてホワイトゴールドを注入した革新的なラバーインサートであるジラール・ペルゴ ラバー合金が用いられています。ストラップのデザインは、過去のアストンマーティンのレーシングカーの理念を連想させることを意図したものです。



ジラール・ペルゴの伝統を受け継ぐこのモデルは、目の肥えた人々をも喜ばせられるよう、プロポーションとシェイプが巧みに工夫されています。

スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン – アストンマーティン エディションの 44mm ケースは、軽量であるためにアストンマーティンによって選ばれた、アレルギーを起こしにくい丈夫な合金であるグレード 5のチタンでできています。ブラック DLC コーティングを施すことで、人目につきにくい外観となっています。興味深いことに、チタン鉱は、ジラール・ペルゴが創業したのと同じ 1791年、アストンマーティンの故郷であるイギリスにおいて、イギリスの聖職者ウイリアム・グレガーによって発見されました。


サファイアクリスタル「ボックス」が前面と背面に採用され、同軸照明によってケース内部を照らすことで視認性を高めています。ムーブメントは地板が排され、2枚のサファイアクリスタル ガラスに挟まれることで、空中に浮いているように見えます。

文字盤全体に広がるジラール・ペルゴを象徴するスリー・ブリッジは、ブラック PVD処理を施したチタン製で、角がポリッシュ仕上げされています。こうした設計により、空気のように軽やかな印象となっており、通常は視界から隠されているムーブメントの部品も眺められ、息をのむような美しさです。リシャールミル 時計ジラール・ペルゴには、見えないものを見えるようにする長い伝統がありますが、この例では、従来の枠を超えて冒険に挑み、ケースの中でムーブメントが空中浮揚しているかのような時計となっています。これはムーブメントを切り詰めることで実現され、地板が消えたように見えることから、ケースの内部でムーブメントが浮かんでいるような錯覚が得られます。こうした独特な特徴から、「フライング ブリッジ」という名称が与えられました。

【関連記事】:お部屋を輝かせるインテリア小物

RM 07-01 オートマティックカラーセラミックス~伝統を昇華させた、グラフィカルでカラフルなコレクション

RM 07-01 オートマティックカラーセラミックス~伝統を昇華させた、グラフィカルでカラフルなコレクション


リシャール・ミルのフェミニンのアイコンであるRM 07-01コレクションは、新しいモデルが発表されるたびにセンセーションを巻き起こしています。ジラール・ペルゴ 時計今回発表された3つの限定モデルは、最先端の技術を駆使したセラミックス製で、ギヨシェを施したマルチマテリアルの文字盤が輝きを放っています。RM 07-01の美学と性能に対する妥協のないアプローチは、最高レベルの機械式時計製造技術、ムーブメント設計、そして装飾技法を組み合わせたものです。

今までになかったケースの色やグラフィカルな文字盤のデザインを採用したRM 07-01 カラーセラミックスの3モデルは、それぞれ50本限定生産です。



夏にぴったりの3つのモデル、RM 07-01 パステルブルー、RM 07-01 パステルピンク、RM 07-01 パステルラベンダーは、

これら新モデルのカラーとテクスチャーを決定するにあたり、セシル・ゲナと彼女のチームは様々なバージョンを検討し、最終的にこれらにたどり着きました。「私は、マイアミにあるアール・デコ建築にインスピレーションを受けました。パステルカラーと大胆なパターンは、とても個性的で、素晴らしく溌剌としたデザインなのです。」


【関連記事】:https://vercopy.blog.ss-blog.jp/

セイコー スプリングドライブが、国立科学博物館「未来技術遺産」に登録

国立科学博物館「未来技術遺産」に「スプリングドライブ」が登録

セイコーホールディングス株式会社
セイコーエプソン株式会社
セイコーウオッチ株式会社



セイコーホールディングス株式会社とセイコーエプソン株式会社、セイコーウオッチ株式会社は、ぜんまいで駆動しクオーツで制御する世界初の高精度腕時計「セイコー スプリングドライブ 7R68」が、独立行政法人国立科学博物館が認定する2021年度「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に登録されましたことをお知らせいたします。

「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」とは独立行政法人国立科学博物館が、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ特筆すべき発明や開発品を、世界有数のわが国の科学技術の歴史を示す実物資料として登録する制度で2008年に制定されました。

セイコー製品の登録は、2018年度の世界初のクオーツ式腕時計「セイコー クオーツアストロン 35SQ」、2019年度の世界初の6桁表示デジタルウオッチ「セイコー クオーツLC V.F.A. 06LC」、2020年度の「スパイラル水晶時計 SPX-961」、「音声報時時計ピミッドトーク DA571」、「超超薄型掛時計 HS301」の3点に続き、4年連続となりました。
今回認定のスプリングドライブをはじめ、セイコーの未来技術遺産登録製品および関連資料はいずれもセイコーミュージアム 銀座(東京都中央区)に常設展示※されています。
※セイコー クオーツ アストロン35SQ認定資料はセイコーエプソン所蔵、セイコーミュージアムでは同機種を展示

■登録資料の詳細
名 称 :セイコー スプリングドライブ 7R68
発 売 年 :1999 年(平成 11 年)
特 徴 :手巻式
開発・製造 :セイコーエプソン株式会社
商品企画・販売 :セイコー株式会社(現・セイコーホールディングス株式会社)
※現在はセイコーウオッチ株式会社が企画・販売

<認定理由>
従来の機械式時計は、ぜんまいを動力として機械的に調速を行っています。この精度を画期的に進歩させたのが調速機構のクオーツ化です。クオーツ腕時計は、当初定期的な電池交換の必要があり、また重い針を回すにはパワーに課題がありました。これを解消したのが、動力源であるぜんまいから伝達される機械的エネルギーで針を駆動する、機械式時計と高精度のクオーツ時計を融合した世界初の腕時計「スプリングドライブ」です。
「独自設計により、電池(二次電池を含む)を搭載せず、ぜんまいを動力源としながら、水晶振動子・ICからの正確な信号によって精度を制御することで日差±1 秒を実現したアナログ時計機構として重要である」として今回の登録が決定しました。

<開発の経緯>
スプリングドライブの構想は1977 年にスタートしました。しかしながら、自己完結型の機構の稼働を実現するためには、エネルギー消費を低減し微弱な電流で稼動するIC と発電機の開発が必須であり、20 年を経た1998 年に腕時計の製品化への技術が確立し、本製品の発売は翌年1999 年のことでした。その後も、当機構をベースに2004 年に自動巻、2006 年に音で時刻を知らせる複雑時計、2007 年にはクロノグラフ(ストップウオッチ機能搭載)などの開発を進め、2016 年には、8 日間という長い持続時間を実現するなど、多彩な方向にその進化は続いています。

<スプリングドライブの特長>
ぜんまいを動力源とすることから、スプリング(ぜんまい)ドライブ(駆動)と名づけられたこの機構は、蓄電池を含む一切の電池を使用しないことで温度変化の影響を受けにくく、針を回す力が強いため対衝撃性に優れています。エベレストなどの高山登山や、宇宙での船外活動での着用など、極めて高い耐久性が実証されました。また、チクタクと時を刻まず、静寂の中で流れるように進む秒針の動きの美しさは世界中で高い評価を受けています。

【関連記事】:ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)