記事一覧

メカニケ・ヴェローチ初の自社ムーブメント「MV8801」

 ジュネーブに本社を構え、イタリアとスイスのDNAが融合した時計ブランドであるメカニケ・ヴェローチが、この度初の自社ムーブメントMV8801を発表しました。新しく生まれ変わったアイコンとクアトロヴァルヴォレの2つのコレクションに搭載される新しいムーブメントは自動巻きで4つの異なる時間帯を一度に確認することが可能です。このムーブメントは、レースに置けるフラッグのようにメカニケ・ヴェローチをラグジュアリーウォッチの世界へと誘う鍵となるでしょう。


MV8801という型番のMVはブランド名の頭文字、88はクアトロヴァルヴォレなどの4つのダイアルデザインを象形化した数字であると同時に、東洋では8は縁起の良い数字とされていることから採用されました。そして初の自社ムーブメントということから、01が末尾についています。



MV8801 スペック
自動巻きムーブメント、直径44.3mm、厚さ6.8mm、4つの独立した表示、38時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、35石、10気圧防水

ブランドCEOであるチェザレ・チェリートはこう語ります。
「ジュネーブに本社を構えてから8ヶ月で自社ムーブメントを発表できた事を大変嬉しく思います。時計ブランドとして、時計をデザインするだけでなく、ムーブメント製造にまで田携わることは非常に大きなステップです。メカニケ・ヴェローチという非常にユニークなブランドが発展して行く上で、この事実は歴史的な瞬間と言えるでしょう」


【関連記事】:大人っぽくモダンなコーデ

燦然と輝くトゥールビヨン!ショパール『L.U.C フライング T ツイン レディ』|メゾン初のレディス自動巻きモデル

トゥールビヨンが宝石のように輝く見目麗しきコンプリケーションに陶酔!|ショパール『L.U.C フライング T ツイン レディ』
燦然と輝く大粒のダイヤモンドに匹敵する、至極のラグジュアリーオーラを放つトゥールビヨン!

ムーブメントを自社一貫生産できるマニュファクチュールと、ハイジュエラー、そのふたつのアイデンティティが融合し、世にも美しいコンプリケーションが誕生しました。

機械式時計の精度を高める複雑機構・トゥールビヨンを搭載しながらも、35mm径、厚さ7.47mmというエレガントなサイズを実現したケースは、「hacopy 評判」の卓越した技術力と、熟練の時計師、職人たちの情熱の賜物です。

ラグジュアリーブランドの多くが大きな企業グループ傘下に属しているなか、独立経営を続ける数少ないメゾンである「ショパール」。その美学は、いち早くエシカルゴールドを取り入れるなど社会貢献にも向けられ、エレガントなタイムピースと共に、一流とは何かということを教示してくれます。



『L.U.C フライング T ツイン レディ』¥16,093,000 ●ケース:RG×ダイヤモンド ●ケース径:35mm ●ストラップ:ブラッシュドファブリック ●自動巻き ※世界限定25本(ショパール ジャパン プレス)
トゥールビヨンのなかでも、「ブリッジ」という部品をなくし、まるで浮いているかのように見える「スーパーコピーブランド専門店」を搭載した、レディスの自動巻きモデルはメゾン初!

マザー・オブ・パールダイヤルや、ベゼル、ラグ、インデックスにダイヤモンドをふんだんにあしらうことで、ジュエリーウォッチとしての輝きも横溢して。

TURN OVER!



非常に厳格な時計の精度証明「クロノメーター」と「ジュネーブシール」のふたつの認定を誇る自社製ムーブメント。

【おすすめの関連記事】:http://shincyan.top